職場で盗撮…(下)|裏日記

うっとりとした口調じゃぁしたんことをいっとる雛奈先輩は、普段のカノジョからぁ想像もでけん。

 

 

 

「ぽっちりとしたかわいいクリトリスも指でいじめてあげようのぉ。」

 

 

「ええ・・・えっと・・・いじめてください。。。。」

 

 

 

課長はアソコに入れた指を出し入れしもって、クリトリスを責めとるらしゅぅて、雛奈先輩の口からぁ激しい嬌声がもれとる。

 

 

 

「あん・・・いい・・・気持ちいい・・・。」

 

「さらに、指を増やすよ。もう簡単にのみこんでいくよ。」

 

 

 

ずぶぶ・・・と三本の指をのみこんでいく雛奈先輩のアソコはめえっとにひらかれとって、はちきれそうじゃったんじゃ。

 

 

 

「う・・・ん・・・はあ・・・。」

 

 

 

ぐちゅ・・・ずちゅ・・・と大きな水音と色っぽいあえぎ声がしばらく続き、俺ゃぁペニスを握りしめたまま、呆然とそれをみつめとった。

 

 

 

「は・・・もう・・・課長の・・・ほしい・・・。」

 

 

 

感じすぎてぼんやりとした顔で雛奈先輩はおねだりする。

 

 

 

「ボクの何がどこにほしいんか、ちゃんとゆわんとわからんよ。」

 

 

 

その時、俺の頭の中に稲妻んように、名案がひらめき、俺ゃぁポケットから急いで携帯をとりだし、ボイスレコーダー機能の録音を開始したんじゃ。

 

羞恥心と欲望の間で葛藤しょぉった雛奈先輩はしばらくん逡巡のあと、欲望に負けて口を開いた。

 

 

 

「・・・雛奈のアソコに課長のペニスを入れてください。」

 

 

 

課長は意外と大きゅぅて太いペニスを取り出すと、雛奈先輩のアソコに押し込んじゃ。

 

 

 

「あん・・・ああ・・・。」

 

 

「おいしいかい。アソコはおいしいってっとるよ。」

 

 

 

確かにちゅぷちゅぷとよだれをたれながしとるアソコはペニスをおいしいと悦んどるようじゃ。

 

 

 

「太いの・・・課長のペニス・・・おいしいの・・・。」

 

 

 

やがてペニスをみな入れたらしい課長は腰を振りゃぁじめた。

 

ぐちゅ・・・ギシ・・・ずちゅ・・・ギシ・・・。

 

 

結合部からきこえるいやらしい音と机がきしむ音が静かな室内にやたら大きゅぅきこえた。

 

 

 

「は・・・あん・・・気持ちいい・・・。」

 

 

 

ずぷ・・・ギシギシ・・・ぐぷ・・・ギシギシ・・・。

 

 

 

音はどんどん激しゅう大きゅぅなっていく。

 

俺ゃぁ耳をふさぎとぉなったんじゃ。

 

 

薄きたない課長のくされちんぽを入れられて、いやらしゅうあえぐ雛奈先輩の姿からも目を背けたかったんじゃ。

 

 

でも、俺ゃぁ雛奈先輩のたてるいやらしい音に耳をふさげんかったし、いやらしい姿態からも目をはなせんかったんじゃ。

 

興奮して痛いほど勃起しとる俺のペニスは解放を求めて、先走りをあふれ出しょぉったんじゃ。

 

 

 

「あ・・・ああ・・・もう・・・イっちゃう・・・。」

 

 

「イきんさい。ほら。」

 

 

 

さらに、課長の腰の動きが激しゅうなり、雛奈先輩がぐったりと力を抜いた。

 

 

ペニスを引き抜かれた雛奈先輩のアソコからしたたる課長の白い精子を見ながら、この音声がちゃんと録音されとったら、俺もアソコに同じように精子を放出しようと心に決めた。

 

 

盗撮動画の宝庫!