中に射精…(下)|裏日記

もう出る・・・ゆぅて思うた瞬間、お姉さんの動きが止まってしもぉた。

 

お腹につきそうに反り返ったオレのちんぽは先走りとお姉さんの唾液で濡れて光ったまま、ひくひくとしとる。

 

はあ・・・はあ・・・と荒い息をついとると、お姉さんが立ち上がったんじゃ。

 

 

 

「ねえ、おっぱいさわったことある?」

 

 

 

太ももに手をあてて中腰になり、オレの顔を面白そうに覗きこむお姉さんを押し倒したい衝動をぐっとこらえて、

 

 

 

「ないです・・・。」

 

 

 

と低い声で答えると、お姉さんはブラジャーをはずして、おっぱいをオレの前にさらけだしたんじゃ。

 

乳首はぴんぴんに立っとって、オレのちんぽをしゃぶっとったお姉さんも興奮しょぉったっちゅうのがわかる。

 

お姉さんはオレの隣に座り、オレの手をとって、おっぱいに触らせた。

 

オレゃぁ遠慮がちに、両手でおっぱいをつつみ、そっと力を入れた。

 

思うたよりも弾力があって、思うたよりもすべすべしとる。

 

乳首をつまんでみると、男の乳首たぁ違って、しっとりとして、ぐにぐにとした確かな手ごたえがあったんじゃ。

 

 

 

「んのん・・・。ねえ・・おまんこはみたことある?」

 

 

 

顔を上気させたお姉さんは目を潤ませて、そがぁなことをきいてくる。

 

 

 

「みたことなぁです・・・。」

 

 

 

と答えると、お姉さんはパンティに手をかけて、一気に下ろしたんじゃ。

 

お姉さんはベットの上で、M字に足を開脚して、オレにおまんこを見せてくれた。

 

黒いつややかなヘアの下に、赤い貝んようなおまんこがひくひくとうごめいとって、透明な汁があふれてきとる。

 

 

 

「すごい・・・。」

 

 

 

思わず、指を伸ばして、ちょんとふれてしもぉた。

 

 

 

「あん!」

 

 

 

びくんとカラダを震わせたので謝ると、指を舐められ、膣の中にぼちぼちと入れられた。

 

狭くて熱い膣壁を指がおしわけていき、これがちんぽじゃったらどれだけ気持ちがええんかとうっとりしたんじゃ。

 

 

 

「ぼちぼち出し入れして・・・。」

 

 

 

いわれたとおりにぼちぼち指を動かすと、お姉さんは気持ちえげに目を閉じて、あえぎだしたんじゃ。

 

 

 

「はあ・・・すごくいい・・・。ねえ、指を増やして・・・。」

 

 

 

いわれたとおりに指を増やしていくと、ぐちゅぐちゅと愛液の音がし始め、あえぎ声も大きゅぅなったんじゃ。

 

 

 

「あんたの指、気持ちいい・・・ねえ、もっと・・・。」

 

 

 

狭いおまんこの中に、指が三本も入ると、ぎちぎちっちゅう感じで動かしづらかったが、ぼちぼちと出し入れしとるうちに、おまんこがゆるんでスムーズになってくる。

 

おまんこの中の具合やひくつきを指先で楽しんどると、お姉さんが、

 

 

 

「あんたのちんぽ・・・入れて?」

 

 

 

ゆぅて、オレの立ちっぱなしじゃったちんぽに指をからませた。

 

お姉さんの指に導かれるままに、膣口に亀頭をあてがい、ぼちぼちと中に押し込む。

 

濡れて指で広げられとったおまんこは案外カンタンにオレのちんぽを飲み込んじゃ。

 

亀頭の部分がおまんこにつつみこまれたばっかしで、あごがあきっぱなしになるくらい気持ちがよう、射精せんように我慢しもってぐっと奥までちんぽを進めていく。

 

 

 

「すごい・・・大きい・・・硬い・・・。」

 

 

 

お姉さんは自分のおまんこが飲み込んでいくオレのちんぽをうっとりとみつめとる。

 

みな、入った瞬間、おまんこがきゅっとしまり、その衝撃で射精してしもぉた。

 

電流が流れたんかっちゅぅて思うくらいに気持ちがようて、出し終わった後、はっとわれにかえって謝ると、

 

 

 

「ぬいちゃダメ・・・。」

 

 

 

と抱きしめられて、おまんこの中にちんぽを入れたまま、ハダカで抱きおぉたんじゃ。

 

お姉さんのおまんこの中はひくひくとうごめき、あっっちゅうまにオレのちんぽは復活したんじゃ。

 

今度は割と長持ちしたけぇ、お姉さんがひんひんいってイくまで、じっくりと出し入れして、最奥でもっぺん射精したんじゃ。

 

 

まだ硬さを失っとらんちんぽをおまんこから抜くと、白い精液があふれだしたんじゃ。

 

 

やっぱここらへんはハズレがないよ↓