中に射精…(上)|裏日記

脱童貞を中出しで、しかも、年上のお姉さまに手取り足取りっちゅう夢んような幸運に恵まれたなぁ、オレが高校生のときじゃったんじゃ。

 

オレの窓からぁ隣の女子大生のお姉さんの部屋が丸見えで、それまでもようオカズにさせてもろぉとったんじゃが、ある日、それに気がついたお姉さんがオレを手招きしたのじゃ。

 

しっぽをふる犬んようにいそいそとお姉さんの部屋に行くと、お姉さんはブラジャーにパンティ姿でオレを迎えてくれた。

 

 

 

「モシカシテ、いっつも私を覗いて、オナニーしょぉったん?」

 

 

 

お姉さんはオレに擦り寄りもって、はぁ痛いほど勃起しょぉったオレのちんぽをショートパンツごしに、すりすりと指でなでる。

 

 

 

「悪い子はおしおきしなきゃね。」

 

 

 

オレゃぁ服を脱がされて、お姉さんのベットに腰かけさせられた。

 

 

 

お姉さんは下着姿のまま、オレの脚の間に座り、先走りがだらだらと出とるオレのちんぽをぺろりと舌で舐めた。

 

その瞬間、カラダに衝撃が走って、思わず、射精してしてしまうところじゃったんじゃ。

 

 

いきなり、ひと舐めで顔射なんてしたら、さすがにたたき出されてしまう。

 

 

ぐっとこらえとると、お姉さんの唇がちゅ・・・ちゅ・・・とちんぽのいたるところにキスしてくれる。

 

 

お姉さんの両手がちんぽの根元に添えられ、亀頭の先端から、根元まで、ぼちぼちと口の中に含まれた。

 

 

 

ぬくぅちゃおい口の中は、信じらりゃぁせんくらい気持ちようて、自分の顔がだらしなくゆるんでしもぉとるんがようわかる。

 

射精せんように、がんばって耐えとると、またぼちぼちと亀頭にむかって唇が移動していく。

 

自分でしこしここすっとったのなんて比較にならんほどの快楽に、脳がとけそうじゃったんじゃ。

 

 

 

「うふふ。かわいいー。」

 

 

 

お姉さんはにこにこしもって、ちんぽをぺろぺろと舌で舐めてくれる。

 

両手でちんぽをおおって、ぼちぼちとスライドされたときにゃぁ、イってしまうかゆぅて思うくらいの気持ちよさじゃったんじゃ。

 

口の中に含んで上下に出し入れしもって、輪の形にした指でしごかれると、すぐに射精感が突き上げてきて、我慢できなくなったんじゃ。

 

 

 

「ダメ・・・もう出ちゃいます・・・。」

 

 

やっぱここらへんはハズレがないよ↓

 

 

無修正で中出しオンパレード(笑)